就任・昇進祝いの贈り物の選び方やマナー

就任・昇進祝いの贈り物の選び方やマナー

就任・昇進祝いは文字通りに新しく就任をされた方や昇進をされた方へのお祝いとなっております。
そのため、縁起がいい贈り物が喜ばれることは必然でありますし同時に縁起が悪いものを贈ってしまうと大変に失礼なことになってしまいます。

選び方やマナーとしては、就任も昇進のお祝いも吉というイメージが大きいものですから、新しくどなたかが別の勤務地に異動になり昇進される場合には、今までありがとうございましたという意味合いも込めて「美しい花束」を用意することもよい贈り物となります。

就任や昇進では、会社さんによっては別の地域や別の都道府県に異動をされることも稀ではありません。

こうしたことから感謝の気持ちを込めて花束をプレゼントすることが多い会社がよくあります。
また花にも意味がありますから、花言葉などを入れてプレゼントをされることも良いものです。

これとは別になりますが、誰が誰に昇進祝いの贈り物を贈るのか、このことによってもプレゼントを贈る、という品物の意味合いは違ってきます

。上司の方が部下の出世を祝ってくださる場合には、例えばお酒などのような祝い酒なども良いですが、逆にその方よりも下の方がお祝いをされる場合には、上記のような花束のような失礼のないものをお贈りすることが無難であります。

今さら聞けない就任・昇進祝いのマナーの基本

やはりマナーは重要なものになってきます。
例えばご家族同様である彼氏さんが昇進をされることにより、彼女さんがお祝いに何かを贈るということでしたら「万年筆」または「ボールペン」などの高級なものでも良いですし、そこはお互いの関係性になります。

一方で、会社の方とは仕事とのお付き合いですから選び方やマナーは選び方を間違えてしまうと大変に取り返しがつかないケースが多いです。
例えばよく昨今にありがちな間違ったマナーとして上司の方にご苦労様でした、と言ってしまう方がおられますがこうしたマナー違反は大失敗に繋がります。

会社の社風にもよりますが、それほど厳密な上下関係がなされていない社風であれば、上司の方に皆さんから感謝の言葉を添えての寄せ書き、こうしたお洒落なアイテムをお贈りすることも良いものです。

逆に会社がかなり上下関係が厳しい間柄である場合には、予め事前に調査をされてから、その方が最も喜ぶお品物を用意させていただく方が無難になっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA