結婚祝いの贈り物※喜ばれる贈り物は?基本的なマナーは?

結婚祝いに喜ばれる贈り物、贈り方

結婚祝いとは、これから結婚する二人のことを祝福して贈るお祝いのことを指します。
披露宴に出席しない場合には品物を贈ることを指しますが、広い意味では現金も結婚祝いとして含みます。

近年では結婚式のご祝儀と結婚祝いの贈り物を、両方とも贈るケースも増えています。
そんな祝いの品ですから、本当に喜ばれる物で二人の新たな門出を祝いたいものです。

結婚祝いを贈る際には、相手によってプレゼントを選ぶことが重要となります。
相手が親族の場合は、質が良いのはもちろん、実用性が高いものを贈ることが望ましいです。

具体的には10,000円以上の和洋食器や電化製品がおすすめですが、本人に直接欲しい物を聞いてしまっても問題はありません。
友人相手の場合は、記念として遺しておける物がいいでしょう。友人の好みに合わせたペアギフトや、長く使えるインテリア雑貨は人気が高いです。

また、職場の人に贈る場合は、個性的なギフトは避けた方がいいです。華やかな未来を祝福する意味で、フラワーギフト等が気持ちを伝えるのに適しています。

そして、恩師や会社の上司等の目上の人に贈る場合は、失礼の無いように注意が必要です。値段の高いものは失礼にあたることもあるので、やや高めのワインや実用性の高いブランドのキッチン用品等がいいでしょう。

結婚祝いを選ぶ際には、このような点に注意して選ぶことが大事です。

今さら聞けない結婚祝いのマナーの基本

結婚祝いに贈るプレゼントには、「熨斗紙(のしがみ)」をつけるのがマナーです。

これは「熨斗」と「水引」がプリントされた紙のことで、熨斗紙をつけることで「格式の高い贈り物」の証明となるので、忘れないように注意しましょう。

また、結婚祝いを渡す時期は、結婚式の招待状を受け取ってからが基本です。
結婚祝い等のお祝いの品を贈る際には「割り切れない」奇数で贈ることがマナーとなります。

ただし、末広がりを意味する「八」は縁起がいいので、この場合は偶数でも問題ないとされています。

そして、スピーチに忌み言葉(別れる・捨てる等)があるように、結婚祝いにも縁起に関わるタブーな品物があります。

例えばハサミや包丁等の刃物は縁を切る、食器やガラスの品物は割れる・壊れるということを連想させるので避けるべきです。
しかし、このような品物であっても、相手からのリクエストがあった場合や了解が取れている場合には実用性のある品物として贈っても問題ありません。

お祝いの品を贈る場合はこのようなマナーに注意し、相手が喜ぶ物を贈ることが最適であると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA