開店・開業祝いに喜ばれるお花の選び方と今され聞けないマナー

開店・開業祝いにお花を贈る意味

何らかの事業でお店を開く場合や事務所開きなどに開店・開業祝いが贈られます。
開店祝いや開業祝には、ギフトや現金、お花がありますが、取引先や近親者、友人から送られるお祝いでもっとも多いのが生花です。

鉢植えのお花やアレンジメントフラワーが多く、中には観葉植物を贈る場合もあります。

なぜ、生花が選ばれるかと言えば、花はそもそもお祝い用としてもあり、イベントにつきものです。

起業後その場所で事業が根付くために根付きの植物を贈るという縁起を担ぐ意味もあります。

花の開花は縁起が良く、純白やピンク系など明るいお花を贈ると開業後の将来性を祝うという意味もあります。

開店時にお店にお祝いの生花が並んでいるとお客さんからの見栄えも良いですし、送り主のアピールにもなります。

開店・開業祝いに喜ばれるお花とその特徴

開店や開業の際に贈るお花で一番選ばれ、喜ばれるのが胡蝶蘭です。
胡蝶蘭は数枚の重なり合う花弁が大輪となり、一本の茎にいくつも連なり、豪華で店頭を飾ります。
胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛来する」です。

開店後に事業が軌道に乗り、お客さんが沢山訪れることを願い、今後の発展を願うという意味もあります。

胡蝶蘭は吸収性が高いお花で、適度な手入れや室温が安定した場所であればつぼみのあるもので1ヵ月半~2ヵ月、すべて開花しているものでも3週間~1ヵ月程度持つと言われていますので、長い間店頭に飾れるので、贈った相手にとっても良いですし、送り主の長期アピールにもなります。

胡蝶蘭は種類によって価格が異なり、大輪の3本立ての場合、18000円位~30000程度となります。

高価なものばかりではなく、3000円~5000円といった小鉢もありますが、開店祝いとなると大鉢のものが一般的です。

贈る人に対してどのような立場であるかによって贈る花の大きさも変わります。

お店にとってサプライヤーとなる場合、今後の取引を考えると30000円前後の立派なものを贈ることが良いでしょう。

意外と知らない開店・開業祝いのお花の相場は?

開店や開業の際のお花の相場は10000円~30000円であることが多いです。
10000円の場合はアレンジメントフラワーが良いです。
30000円の場合は胡蝶蘭が良いでしょう。
10000円前後の胡蝶蘭の場合、ボリュームに掛けるので、アレンジメントフラワーを選ぶのが無難です。

生花店で展示してある胡蝶蘭は展示品のためお値打ちになるのですが、日持ちが良い良質なものは25000円~30000円の予算を伝えて仕入れてもらうと良いです。

お友達であれば10000円までの予算で購入できるものでも十分です。

開店・開業祝いの基本的なマナーのお話し

開業祝いにお花を贈る場合に避けなければいけないことがあります。
一般的には白やピンク、イエローといったカラーの花びらを持つお花が良く、ダークなカラーではなく、ライトカラーを撰ぶことが良いです。

赤や強烈なピンクはタブーです。
商いでもっとも避けたいのが赤字です。

さらに飲食店の場合は、赤やきついピンク、ブルーといったカラーは火を連想するため、飲食店がもっとも避けたい火事をイメージしてしまうため、縁起でもないと考えられます。

贈る際には鉢にライトなピンクやイエロー、グリーンなどのラッピングをしてもらい、大きめのリボンをつけるとゴージャスになり、お祝いムードが高まりますので、必ずラッピングしていただきましょう。

ラッピングは別途費用が掛かることがありますが、費用が掛かることを気にしてこれを怠ると、せっかくのお祝いムードが低くなり、相手にも費用を削ったことが伝わってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA