開店祝い困ったときはコレを贈れば大丈夫

開店祝いに喜ばれる贈り物はコレ!

お酒

開店祝いに喜ばれる贈り物としてお酒が挙げられます。
有名なものからマイナーなものまで何でも喜ばれやすいです。
また、めでたい開店祝いということなので、気持ちを更に楽しくさせる為にもお酒はもってこいと言えます。

商品券

また、商品券なども贈られた側が好きな商品を購入して全額使い切れるので、色々と負担もかかりにくいです。
現金同様の価値があり、喜ぶに加えて助かるという理由から心からありがたい贈り物だと感じる方が多いです。

とはいえマイナーな店舗の商品券であれば、そもそも使う機会もないので場合によっては苦い顔をされることがあるため注意が必要でしょう。

お花

他にも、女性の方なら花も喜ばれる贈り物の中に含まれます。
自身では気軽に買ったり出来ないものだからこそ、誰かから贈られたら倍以上の喜びが得られます。

また、色味も明るいもので、加えて花言葉も開店祝いにふさわしいものを配慮してくれたなら、贈る側のイメージも自然と上がること間違いなしです。

しかし、直ぐに枯れてしまうものや、手入れが大変で複雑なものほど、あまり良い印象を受けないので注意が必要です。

長持ちする花こそずっと飾っていられるので、置ける期間によっても喜ばれ方が異なります。

気を付けて!開店祝いにNGな贈り物って?

開店祝いにNGな贈り物として赤々とした雑貨、家電などが挙げられます。
その色味から火事が起こりそうという見方から、もらった方も浮かない顔をすることが多いです。

また、赤色に近い色味のものも見る人によっては赤だと捉えられてしまうので避けた方が賢明です。

花を贈るにしても避けた方が良い色味で、パステルカラーといった、見ていて明るくなるものに絞りを効かせたほうがよかったりします。

ろうそくやキャンドルといった元から火を使うものも不吉とされるので、使う上での全体像を考えた上で、そういった雑貨類は贈るようにしましょう。

火は使わないけど、部屋を明るくするランプ等も避けた方が無難です。

他にも数字の4にも気をつける必要があります。
四つ分の皿というように、不吉に感じられる個数の贈り物も避けておいて損はありません。

もしも購入した後に気がついたら後で足すような心遣いを行なった方がもらう方としても嫌な気持ちを持つこともないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA